E pluribus unum * El conejo de la suerte

elconejo.exblog.jp

        ハビエル・サビオラを追いかけてきたブログ*引退後も進行中(笑)

ブログトップ

サビオラの声、アイマールの声。

さっきから必死に書いたのに、消しちゃいました。ちなみに先日も書きかけの記事を間違えて消してしまい、何を書いたのかも忘れました(涙)保存機能をアップさせてよ、エキサイトブログ~!!

サビオラがまたomunisportに、そしてアイマールが今年の春に出版した本の記念イベントに参加し、アルヘンで記者の質問に答えています。サビオラの記事はGoal.comに出ていますが、日本語版の方はさいごの2行を機械翻訳にでも書けたのか、へんてこな訳。英語版をおすすめします。動画もありますよ!アイマールの記事はTyCsportsなどに出ています。こちらも動画あり。

a0159012_18134214.jpg
Saviola: If I'd thought about Barcelona's history, I'd never have left the dressing room
fonte:sportal
ここなら貼れました。

a0159012_18134451.jpg
fonte:tycsports

* * *

サビオラはバルサに来た当時を振り返って、「当時は若すぎて、これから行く(バルサという)クラブがどれほどのビッククラブかを理解してなかったんだ。僕に支払われていた給与の額や、満員のカンプノウでプレーすることがどういうことなのか、認識してなかった。でもそれらを自分の中で消化してなかったことが良かった。もし当時の僕が給与の額やファンで埋め尽くされたカンプノウ、クラブの歴史なんかを意識してしまっていたら、ロッカールームから出られなかっただろうからね(笑)」

そしてこれからもフットボールに関わりたいって。1月からコーチになるためのスクールに行くんですって。「それが目標でもあり、未来でもある。」
「いつも言うように、フットボールのおかげで僕は望み以上の、予想すらつかなかった多くのものを手に入れることができたんだ。たくさんのクラブ、歴史ある名門のクラブで、多くの素晴らしい選手と一緒にプレーできた。彼らの一員になれたと感じるんだ。それは素晴らしいことだったよ。」

***
いつも前を向くサビオラらしいですね。最近、本当に最近ようやく、サビオラが引退したという事実に気づいたんです(苦笑)あまり頭で考えたくなかったというか、言われてみて「あ、やっぱりそうなんだ」という感じ。でもアンドラで新しい生活を始めているハビは、いつもみたいに楽しそう。わたしも変わらず、声を聞くだけでワクワクしてしまいます。
おっと次はパブロの番だ。明日以降になってしまいますが、またお伝えします!

続きにハビの原文を貼っておきますね。adeu!





Saviola: If I'd thought about Barcelona's history, I'd never have left the dressing room



Speaking to Omnisport, former Barcelona striker Javier Saviola explained how he handled the pressure of moving to Camp Nou.

Javier Saviola says he might not have been brave enough to leave the dressing room had he ever thought about the pressure of playing for Barcelona.

At only 19 years old, Saviola transferred to Barca from River Plate in 2001 for a reported €18million, going on to produce a superb debut campaign, scoring 21 times in all competitions.

The Argentine continued to enjoy a strong record in front of goal but found first-team opportunities limited and was loaned to Monaco and Sevilla before leaving for Real Madrid in 2007.

Now 35, Saviola has revealed he was only able to enjoy his career in Catalonia because he did not allow himself to become distracted by thoughts of his price tag or the illustrious history of the club.

"Because I was so young, I don't think I ever realised about the place I was going," he told Omnisport.

"I never became aware that I was at such a big club and the amount of money that had been paid for me, nor that I was about to start playing at a fully crowded Camp Nou.

"I benefited from the fact that I never internalised all of this. Maybe if I'd thought about the money that was paid, or the packed stadium, or that I was part of a club with such a history, then I wouldn't have left the dressing room!"

Saviola's arrival coincided with Madrid breaking the world transfer record to sign Zinedine Zidane from Juventus in a deal reportedly worth close to €77m.

But the striker denies having felt any extra pressure to perform in LaLiga following the France star's move.

"It wasn't extra pressure because I didn't see myself as being close to Zidane," he said.

"I was 19 years old when I had just arrived in Europe. I knew that this kind of comparison came from the press, rather than because of my arrival. That's why I think that I was taking the pressure off myself. I didn't embrace certain things."

Saviola struggled to make an impact at Madrid and left for Benfica after making only 28 appearances across two seasons.

A nomadic final few years in Europe, in which he had spells with Malaga, Olympiacos and Verona, came to an end when he returned to River in 2015.

Saviola is now looking to further his coaching aspirations in 2017, having retired this year.

"I would like to continue being part of football," he said. "I will start the coaching staff course in January. It's a goal, a future that I have put forward to myself.


"If I have taken wrong decisions during my career, I have no regrets. I have always tried to make sure that my decisions haven't hurt anyone. I only looked for the best for my future.

"I always say that football gave me more than I expected or could have imagined. I have played in so many teams, such prestigious teams with such history, with so many great players."

"I feel part of them. It was wonderful."


[PR]
トラックバックURL : http://elconejo.exblog.jp/tb/23507078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ketyu at 2016-12-30 11:14 x
今年もハビとアイマールの貴重な情報をありがとうございました。

ハビがバルサでアイマールがバレンシアのころ、よく二人のツーショット写真が雑誌に載ってたなと思い出されます。
ほんとこの子たちジュニアサッカーかと可愛らしかったです。
当時のハビの気持ち、大変だったんだろうな。

アイマールの最近の動画を見ることができ、ありがとうございます。
年齢相応の顔になってきたかな。

昨年のトヨタカップはワクワクしながらテレビ観戦したけど、今年、レアルマドリードはカシージャスがGKじゃないんやと少し寂しい気持ちで観てました。
南米チャンピオン弱すぎますよ。

Nancyさん、いつも勉強家だなと感心させられると同時に、わたしも少しは見習わねばと刺激を受けます。
いつもこのブログが共感します。
無理しない程度で、来年もよろしくお願いします。
Commented by la_fraise7 at 2017-01-02 07:52
Hola, Ketyuさん!コメントをありがとうございます。

2人がバルサとバレンシアにいた頃、まだ20代前半で本当に可愛らしかったですね。サッカー選手にしておくのはもったいないくらい。(!?)

2人ともそろそろ年相応になってきたかなと思いますが、アイマールの動画を見て「変わってない~(笑)」、サビオラを見て、「相変わらず~(笑)」と思わずニヤニヤしています。

さて、今は「FIFAクラブワールドカップ」と改称されているトヨタカップですが、その大会の歴史を調べてみると、開催面の安全性のため日本が選ばれたというのは聞いたことがありましたが、そこに目を付けて日本に誘致したのが日テレと電通というのを初めて知りました。だからわざわざ真冬の日本で、さらに夜時間帯の開催なんでしょうね。

前身のインターコンチネンタルカップが始まった1960年代頃には開催意義が大いにあったと思いますが、南米のクラブからヨーロッパのビッククラブへ移籍することが選手の憧れであり、さらにはビッククラブのチーム編成に南米選手が必須でもある昨今、この大会にさほどの意味があるのかなぁと思ってしまいます。

それに各大陸の「頂上」の高さが、違いすぎるような気が…^^;)

2人ともあっけなく引退してしまったので、どうにも収集がつかずブログを続けることにしてしまいました(苦笑)
いろいろ脱線するかと思いますが、今後も2人の動向を追っていきますので、よろしくお願いします!
Commented by チェン at 2017-01-12 21:29 x
以前にもコメントさせて頂きましたが、いつも拝見しています。アイマールは今どこかのクラブに加入?就任したという情報聞いたのですが、本当なんですか?
Commented by la_fraise7 at 2017-01-13 11:23
Hola, チェンさん!しばらくネットから離れていたので今チェックしてみましたが、月曜にスイスでFIFA主催の、マラド―ナたちレジェンドが集うゲームに参加したという話のほかは、特になさそうです。ただアルヘンのクラリン紙が、「現在、国内クラブの監督就任を検討している」と書いていました。

後でFIFAの記事をアップしますね!Chau!
Commented by チェン at 2017-01-13 21:05 x
ありがとうございます!是非、監督に就任して欲しいです!
Commented by NICO at 2017-01-22 02:32 x
初めまして!コメント失礼致します。
以前からこのブログを時々拝見させて頂いてます!
ネットで調べても中々サビオラの情報が出てこなくて、スペイン語だのなんだの…というのが多々。
だったら翻訳ツールでも使って調べろよと言われればそうなんですが、英語ですら中学レベルで止まっている私にとっては難題でして…。笑
このla_fraise7さんのブログの情報がとても貴重でありがたく読ませて頂いてます。

以前、コーチ契約したのは知っていたのですが、選手兼任とばかり思っていました。サッカーで選手兼任…??とは感じていたのですが、やはり引退していたんですね。悲しいです。

ここ数年メッシが世界のトップで活躍していますが、私の世代的に低身長で凄い選手といえばサビオラでした。
バルサでのプレーを初めて見た時、純粋にカッコいいなと感動したのを覚えています。
晩年は試合に出る回数も減っていましたが、一昨年のスルガ銀行杯で来日した時に日本のメディアに再フューチャーされたのはとても嬉しかったですね。
生のプレー、一緒に写真を撮ってもらったのは一生の宝物です。

かなり自分語りなコメントになってしまい、大変申し訳ありません。失礼致しました。
ブログこれからも応援しています♪
Commented by la_fraise7 at 2017-01-25 06:54
Hola, NICOさん!初めまして。
あ、La_fraise7は字数が多くて打ちづらいので、以前使っていたNancyとお呼びいただければ嬉しいです。変更したいんですけれど、ここはできないらしく…。

年末年始に日本のJや高校生サッカーをちらっと見る機会がありましたが、バルサ移籍の頃のサビオラよりもみんな体格いいですもんね(笑)ほんと、よくあれでヨーロッパでやってたなぁと今更ながらに思います。

スルガ杯へ行かれたのですね。サビオラに会えて良かったですね!一緒に写真撮ってもらったなんて素敵。

自分語りだなんてとんでもない!わたしなんて、これまで何年も壮大な一人語りでしたから!(笑)サビオラファンの方のお話を聞けるのが一番嬉しいです。それでこそブログを開いた意味があるというもの。これからも、何か思い出しエピソードがあったら教えてくださいね。

全国のサビオラファン、アイマールファンのみなさん、お待ちしています!^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by la_fraise7 | 2016-12-28 18:29 | Noticias | Trackback | Comments(7)

by la_fraise7