カテゴリ:memorias(回想録)( 45 )
2004アテネオリンピック
10年前の8/28はアルヘンのフットボールが初めてオリンピックで優勝した日。懐かしのfotoをいただいてまいりました。

a0159012_233660.jpg


a0159012_12502049.jpg

[PR]
by la_fraise7 | 2014-08-29 12:51 | memorias(回想録) | Trackback | Comments(0)
クラシコ回想録
最後に、昨シーズンの両チームの対戦成績を…思い出すだけでも…(ワナワナ)

Os resultados entre FC Porto e Benfica em 2010/2011

More
[PR]
by la_fraise7 | 2011-09-23 01:20 | memorias(回想録) | Trackback | Comments(0)
サビオラファンになった日
*VTR: Barcelona vs AC Milan 03 / YouTube

* * *
わたしじゃなくて、このVTRをアップしてくれた方のことです。
2003年の7月31日、バルセロナがアメリカ遠征でACミランと対戦。なんと1試合まるごとアップされています。このときがロナウジーニョのバルサでの初めての試合だったそうです。サビオラと一緒に先発しています!クアレスマのゴラッソ、オーフェルマルスのドリブル、バルデスの髪がふさふさの頃で…なんて、懐かしくて懐かしくてつい途中まで観ちゃいました。ロナウジーニョもここでゴールを決めるところがスターの所以でしたね!

サビオラも随所にらしいプレーがありました。54分で下がりますが、55分頃にサビオラプレー集みたいにVTRが編集されて出てきますので、忙しい方はそこだけでも見る価値がありますよ!素晴らしいテクニックがあると褒められています。

ところで、アメリカ、ミラン戦、03年…と記憶を辿っているうちにあることを思い出しました。それは2つ。ひとつは、この頃のミランの試合はたまに観ていたんですが…ルイ・コスタがいたような!そしてもうひとつ、試合後にハビがファンと間違われて地元の警察に首根っこ掴まれた事件の試合だったんじゃない!?

More
[PR]
by la_fraise7 | 2011-07-24 00:05 | memorias(回想録) | Trackback | Comments(0)
1995年ボール拾いの頃
Hernan Diaz de River Plate Apertura 1995 FUTBOL RETRO TV


これは1995年のエルナン・ディアスがインタビュを受けているところ。後ろにボール拾いの頃の、たぶん13か14歳のハビがチラっと!!!背の高い子に“おまえはいいんだよ”と、どけられています。かーわーいいー(w)
[PR]
by la_fraise7 | 2011-05-22 11:36 | memorias(回想録) | Trackback | Comments(0)
南米最優秀選手1999
*Javier Saviola Premio Revelacion de Oro Clarin 1999 FUTBOL RETRO TV


* * *
クラリン紙主催の各国の新聞記者たちが選ぶ、南米最優秀選手に選ばれた時の授賞式。憧れのマラドーナからカップを渡される、18歳になったばかりのハビエルです。…の映像だと思ったけれど、南米最優秀選手は確かエル・パイス紙が主催だったような…。Premio Revelacion?クラリン紙が選んだ新人賞みたいですね。タイトル変えた方がいいかしら…(汗)。でもこの賞ももらったのは確かですしね!
[PR]
by la_fraise7 | 2011-05-20 00:14 | memorias(回想録) | Trackback | Comments(0)
Parabéns,Javi!
a0159012_112193.jpg

“もう30近いなんてぜんぜん実感わかないな…”

「ここでとても良くしてもらって幸せ。フットボール面でも人間的にも想像以上に良い仲間たちに囲まれているしね」

「チーム状態はとてもいいし、良いレベルでのプレーができている。それに僕自身もリスボンの町にかなりうまく順応できたよ。快適に過ごし、チーム内で幸せならすべては上手くいくものだと思う」

ー28歳はフットボール選手として絶頂期にあるという話もあるけど…

「(笑って肩をすくめて)さあ、どうかな。それは人それぞれなんじゃないかな。体調は万全だけど、もう17歳や23歳の頃とは違うのは自覚している。試合に勝ち、ゴールを決めるためのモチベーションは充分に持ってるけど、今は違った形で試合と向き合ってる。どういう風にかって?大きく変わったのは試合の読み方だろうね。今では経験を積んでいるから。率直に言って、今はとっても充実している。素晴らしい時を過ごしているよ」

abolaより。

* * *
とても幸せそうですね!おめでとう、Javi!
abolaから贈られたお菓子はBolo-rei(ボーロレイ;王様のケーキ)と言われる、ポルトガルでは毎年クリスマスの頃に食べるパンなのだそうです。ナッツや砂糖漬けのドライフルーツなどか使用されているそう。“ここで彼を我々の国の伝統に引き込もう”という企画らしいです。「美味しいものには目がないよ」とはJavi。あとで美味しく頂いたんでしょうか。

Hasta luego.
[PR]
by la_fraise7 | 2009-12-11 00:00 | memorias(回想録) | Trackback | Comments(0)
スーペルクラシコ。
a0159012_20183413.jpg

a0159012_20183676.jpg

結果が結果なので書くのもなーと思ったんだけれど、ヨーロッパの方から現実逃避中なので、少しだけ。でも悔しいから試合中の写真も映像も貼らない(苦笑)。

モヌメンタルで0−1。

リーベルの順位は……、訊かないで下さい。。。

リーベルのファンの中にはオルテガだけじゃなくって、アイマールやサビオラ、それにフランセスコリの名前も挙がっているんですが、それは戻し過ぎだってば。気持ちは分かるけど。あるファンは、オフィシャルの中でこうコメントしています。「ここ15年間で最悪のボカに負ける理由が分かった。今のリーベルは過去最悪なんだ」
これ以上悪いことなんかないもんね!ない、ない。(言い聞かせ)
Hasta luego!
[PR]
by la_fraise7 | 2008-10-21 00:00 | memorias(回想録)
Los recuerdos de ANTONIO PUERTA.
セビージャFCラジオが集めた、友人たちのプエルタの思い出話。セビージャのオフィシャルより。

* * *
デル・ニード会長:
「これは聞いた話ではなくて、私が実際に体験したことなんだがね。2004年の11月13日、ヌマンシア戦でプエルタはプリメーラで初めてのgolを決めた。ご存知の通り、彼の母方の祖父は熱心なセビジスタで、私の父と共にペーニャ・セビジスタ・アル・レレンテの創設者でもあり、セビージャFCに対する熱い想いをプエルタに伝えた人物だ。あの試合で彼は空を見上げて祝福していたので、どうしてかと訊いたんだ。そうしたら、天国でセビジスタの祖父が喜んでいるだろうから、と私に答えたよ」

アイトール・オシオ:
「彼は正真正銘、本当に仲のいい友達だったんだ。本当に、面白いヤツで…。思い出は一杯あるけれど、UEFAカップの試合から帰って来たときのことが印象的だな。そんなに遅くない時間に戻って来れたんで、ちょっとその辺寄って一杯やって行くか、なんて話してたんだよ。でも空港で急に、“バスコ、ダメだ。実はオレ、父親になるって分かったんだ。”って。もちろん、一刻も早く家に帰って、奥さんと過ごしたがっていたよ。あれは特別な瞬間だったね」

マレスカ:
「彼は愛されるヤツだったよ、とってもね。グラスゴーでの決勝戦、オレはかなり短めの坊主頭でプレーした。その日の午前中に、アントニオに髪をカットしてもらうのを思いついてね。あの時のスタイルは、アントニオ作さ」

More
[PR]
by la_fraise7 | 2008-08-29 00:00 | memorias(回想録)
決まったね。
a0159012_1994622.jpg

パブロ・アイマール、ベンフィカと4年契約。すでにリスボン入りしており、本日プレゼンテーション予定。

色々な報道な入り乱れているけれど、移籍金750万ユーロ、4年間契約で、サラゴサはベンフィカの選手から1人買取オプション付で合意したみたいです。火曜の夜から明け方4時くらいまで続いた交渉。ルイ・コスタSDもキケもサラゴサも、そして誰よりもパブロ自身がホッとしたでしょうね。

アイマールのコメント:
「新たな冒険を始めるために、家族と共にポルトガルへ行く」
「サラゴサのファンの皆さんに言えるのはただ、素晴らしいファンであること、そしていつもチームと共にいてくれたということ。今季クラブが1部リーグに上がり、より多くのものを勝ち取ることを望んでいるよ」

More
[PR]
by la_fraise7 | 2008-07-17 00:00 | memorias(回想録) | Trackback | Comments(0)
ロナウジーニョとハビ
a0159012_19251966.jpg

敢えて(苦笑)バルサについては何も書きませんが、ロナウジーニョがサビオラと一緒にプレーした2年間を見ていて、ほんとうに楽しかった。それはサビオラもまた同じだったと思う。彼とプレーしているときのハビは幸せそうでした。2人とも同じ血が流れてるんだなぁって。

a0159012_19253921.jpg


個人的には、繰り返しになるけれど、2004年にカンプノウでバルセロナダービーを観戦した時の、ロニーのあのパスが忘れられません。ロナウジーニョは数人のDFに囲まれながら、ボールを溜め、誰もいない前方にパスを出した。サビオラはそれが来るのをあらかじめ予測していたかのように、全力で走り出してボールを拾い、DFが触れられないようインサイドタッチでエリア内に持っていき、ゴールを決めた。そのときのハグの様子が上の写真です。

More
[PR]
by la_fraise7 | 2008-07-17 00:00 | memorias(回想録) | Trackback | Comments(0)