カテゴリ:負傷用語( 1 )
ポルトガル語の怪我用語
ポルトガル語やスペイン語のサッカー関連の本を数冊持っているのですが、これがまたあまり役に立った試しがない。スペインと南米、ポルトガルとブラジルでもかなりボキャブラリに違いがありますし、ベンフィカの場合だけでも辞書や本のどこを探しても出ていない用語がたくさん出てくるんですよね…何でだろう〜。そこで、検索する手間を省くためにも、これまでわかってきたところをここに載せておきます。発音はポルトガルの方で、けっこう適当です(コラ)。


* * *
負傷用語
lesão(レザォン)
felimento(フェリメント)
Felido(名詞と動詞が同じ:フェリード)…以上、すべて「怪我」の意
Traumatismo(トラウマティスモ)…損傷、炎症
Estiramento muscular(エスティラメント・ムスクラール)
Distensão muscular(ディステンサォン・ムスクラール)
lesão muscular (レザォン・ムスクラール)…以上、3つとも「肉離れ」
fratura(フラトゥーラ)…骨折
entorce(エントルセ)
torcedura(トゥルセドゥーラ)…2つとも捻挫
luxação(ルクササォン)…脱臼
contusão(コントゥザォン)…打撲
contusão cereblar(コントゥザォン・セレブラウ)…脳しんとう
ruptura de ligamento(ルプトゥラ デ リガメント)…靱帯損傷
mialgia(ミアルジア)…筋肉痛、筋疼痛


* * *
怪我の部位
músculo(ムスクロ)…筋肉
ligamento(リガメント)…靱帯
tendão(テンダォン)…腱
cabeça(カベッサ)…頭
peito(ペイト)…胸
mão(マォン)…手
ombro(オンブロ)…肩
braço(ブラッソ)…腕
barriga(バリーガ)…腹
flanco(フランコ)…横腹
quadril(クアドリウ)
cintura(シントゥーラ)…腰
costas(コスタス)…背中
perna(ペルナ)…脚
perna direira(ペルナ・ディレイタ)…右脚
pé esquerdo(ペー・エスケルド)…左足 (足首より下がpéです)
sola do pé(ソーラ・ドゥ・ペー)…足の裏
calcanhar(カルカニャル)…かかと
cotovelo(コトヴェーロ)…肘
coxa(コーシャ)…腿、大腿部
joelho(ジョエーリョ)…膝
canela(カネーラ)…脛

あとはわからないときの強い見方、wikipedia!
a0159012_19402962.jpg

参考:wikipedia

たとえばadutor da coxa direitaだったら右太腿のadutor、この単語は辞書にないので検索すると、Músculo adutor magno – Wikipédia, a enciclopédia livre(O músculo adutor magno é um músculo da coxa.)とウィキペディアに出ています。もしこのページに日本語版があればそこを見て、大内転筋 - Wikipediaとわかります。大内転筋(だいないてんきん、adductor magnus muscle)magnusはラテン語で「大きい」という意味だから、aductor(=adductor)は内転筋だろう、というおおよその想像デス。bが入って、abductorとなると外転筋です。

ちなみに日本語のウィキペディアでは、

大内転筋(だいないてんきん、adductor magnus muscle)は人間の恥骨の筋肉で股関節の内転、屈曲を行う。

恥骨下枝の前面および坐骨(下)枝の前面から坐骨結節までの間に起こり、強大な筋腹は大腿骨の内側面を下方へ向かい、2つの部分に分かれ、一部は筋のまま粗線の内側唇に、他の部は腱となって大腿骨の内側上顆の内転筋結節で終わる。

と紹介されています。まああくまでもウィキペディアですけど。


* * *
その他
efectua tratamento…治療を行う
trabalho condicionado…条件付き練習、個人練習と訳した方がいいのかも

More
[PR]
by la_fraise7 | 2012-01-19 21:22 | 負傷用語 | Trackback | Comments(0)