Javier Saviola: "A River no se le puede dar por muerto"

あれですよね、ちょっとタイミングが遅かったです。13日にasに出たサビオラのインタビュー。タイトルは「リーベルは死んだとみなされることはない」ここだけ取るとすごい見出しですが、スーペルコパでのボカとの一戦を前にリーベルの話を振られて、「ボカとの対戦はいつも難しい。特にボカはこのところ良い試合をしているからね。でもこの対戦は、結局は些細なことが勝敗を分ける。現在のチームの状態なんかも関係ないんだ。」というセリフに続いての上記の発言となっております。ハイ。

そして試合も終わっていまして、無事に(?)リーベルが勝ちました!!
そして優勝したみたいです、はい。
もう知っている選手もほとんどいないので…と思ってライブテキストを見たら、テベスってあのテベス?リーベルにはモラがいる?そうなんだ…。詳しくは上記のリンクから飛んでみてくださいね。

ところでいつからasのアルヘンティナ版ができたんでしょう。
時代は変わっていくんですね。

adios!





[PR]
トラックバックURL : https://elconejo.exblog.jp/tb/238394590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by la_fraise7 | 2018-03-17 00:46 | Entrevista | Trackback | Comments(0)