その後…

これはアルゼンチンの一般紙クラリンが、2月27付けで出した記事ですね。
サビオラのアンドラでの新生活を追った記事です。
これ自体は単にサビオラの引退後の生活、監督ライセンス取得に向けての勉強、フットサルへの加入、元レジェンドチームのメンバーとして海外をめぐってのエキシビジョンマッチへの参加など、近況を伝えるものです。

ただ、この中にあるいつくかのリンク先に他紙メディアでのインタビューがあり、そこでは現大統領マクリ氏に対する批判が載っていて。細かいところは読んでいないのですが(辞書に載っていない難しい言葉が出てくるし…)、15年に就任したマクリ大統領が福祉削減策を取ったことで国民の暮らしが(不景気に加え)一層困難になっている…という話みたい。最近は街中でサッカーをする子どもたちの姿が見なくなった、など、母国のことについていろいろ話しています。

アイマールなどもそうなんですが、たとえ母国を何年も離れていても、アルゼンチン人の人たちは母国に多大な関心を抱き続けていて、フットボールだけでなく国についても常にハッキリと意見を言いますよね。もちろんアルゼンチン人だけではないのだけれど。最近では移民の多いドイツで、サッカー選手がちょっとしたポーズや言動で批判を浴びた件もあるので、政治と結びつく言動は逆に自粛しちゃう傾向があるのかな…。

サビオラはわりと昔から新聞のインタビューで母国のことについて話していましたね。わたしは典型的な受け身的日本人というか、個々の政策や政党に思うことはあっても、なかなかパブリシティに意見を載せる勇気はないです。というより、ちゃんとした話をする自信がない。このままでは恥ずかしいなあと思って、新聞をきちんと読むとか、いろいろ本を読んだりしてみましたが、根本となる土台はまだできていない感じですね。方向性は見えてきたけれども。(ご安心を、ここで政治の話はしませんので!)サビオラはちょうど2001年にワールドユースで活躍した頃に、国が経済破綻した現状を見ていたので余計でしょうね。

あっと、それより、まだ起きてこないウチの子を起こさなきゃ(もうこんな時間!)
夏休みだからって寝過ぎでしょ~💦

Hasta luego!

[PR]
トラックバックURL : https://elconejo.exblog.jp/tb/238704634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by la_fraise7 | 2018-08-13 09:26 | Noticias | Trackback | Comments(0)

ハビエル・サビオラを追いかけてきたブログ*引退後も進行中(笑)


by nancy
画像一覧