アイマールはアンダー17代表コーチに

まあ、あの、ニュースとしては新生アルゼンチン代表コーチングスタッフにワルテル・サムエルが就任した、と書くべきなんでしょうけれど、とりあえずここではアイマール目線ですので、同日AFAが発表したところによれば、アイマールはやはり前回の記事同様、アンダー17代表監督に戻るという方をニュースにしたいと思います。

***
わたしには長年の夢がありました。それは、スペイン語をちゃんと勉強し直したい!という願望です。

ずっとサビオラを追いかけていた頃、たぶん12、13年くらい前がいちばんスペイン語に触れていた時期で、自分のスペイン語力もピークだったと思いますが、サビオラがスペインを離れた頃からどんどんスペイン語から遠ざかり、今ではサッカーニュースならパッと見て内容は分かるものの、訳すとなると「えーとこの単語の意味は何だっけ…」というレベル。こりゃ、訳しちゃいけないレベルなんじゃないの???と自分でも情けないほど…( ;∀;)

「スペイン語をやりたいし、やらなくちゃいけない」のだけれど、なぜかドイツ語に行ったり。
やる気というのもがいちばん扱いが難しいですよね。何かに追い込まれないとなかなか…。
それが、つい先日キッカケは忘れましたがとうとうやる気に火が付いたんです!

スペイン語については、10年以上前から「いつかフットボールを観なくなって、勉強する時間ができたらやろう」と思ってたくさんの本を集めていました。
図書館で読める限りの本は読んでいましたし、これは是非手に入れたいと思ったものは古書で購入。書店でも新刊が出ていると内容をチェックしたり。
でもこれではただのスペイン語学習本コレクター!?
7、8年前くらいに入手し、絶対にこれは一冊やり終えたいと思っていたのがこの本です。

『話せるスペイン語』NHK出版(1998)山崎 眞次

これにようやく、本当にようやく着手して今3課まで終えました。(全10課)内容構成がとてもシンプルで、文章が優しすぎず難しすぎず、かつ単語、構文ともにボリュームが豊富で使いやすいです。ただ、付録を抜かしても254ページあるせいか、なかなか腰を据えてやろうという気にならなかったんです。
何で急にやる気になったんでしょうねぇ…
あ、わかった。子供が夏休みでリズムが作りやすかったからかな。(でも、今日から新学期始まったんですけれど…)

この一冊が終わったら、まだまだやってみたい本が残っているので片っ端から片づけていきたいと思います!

-er動詞の現在形の活用という、超初心者レベルの問題を平気で間違えてるんですけど…💦
きっとこの一冊が終わる頃には初級レベルくらいには戻れるんじゃないかと期待しています!
そうしたら、またインタビューとか訳せるかな~って。

え、ドイツ語はどうした?
…うーん、それはまた今度!

chau!


[PR]
トラックバックURL : https://elconejo.exblog.jp/tb/238727949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by la_fraise7 | 2018-08-27 17:25 | Noticias | Trackback | Comments(0)

ハビエル・サビオラを追いかけてきたブログ*引退後も進行中(笑)


by nancy
画像一覧