<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

フットボリスタ*パブロインタビュー(転載)

フットボリスタ2018.06.01月号にパブロ・アイマール監督のインタビューが出ていました。
全文インターネット上でも全文掲載されていましたので、リンクを貼ります。

この中で現役時代のプレーについて語っているときに、サビオラについて触れています。
そこだけちょこっと抜粋ーーー。

── 現役時代に凄いと思った選手は誰?

「ジダンにロナウド、そしてロマン(リケルメ)は怪物級だよね。メッシも凄い。ロベルト・アジャラも素晴らしかったし、アリエル・オルテガやマルセロ・ガジャルドとは一緒にプレーしてとても楽しかったよ。でもやっぱり一番息が合っていたのは、ハビエル・サビオラだったな。ピッチで前方にサビオラが見えたらワクワクしたものさ。彼とはリーベルで3年、リスボン(ベンフィカ)で3年、アルゼンチン代表でも何度か一緒にプレーしたが、彼と一緒だといつもより意欲的にプレーできたんだ。だって、『こいつは自分と同じものが見えているから、もしかしたら今日はいいプレーができるかもしれない』って思わせてくれたからね。サビオラは私の力を巧く引き出してくれたんだ。不思議だよね、長年プレーしたけれど、あんなふうに感じたのはサビオラとプレーした時だけだった」(Footballistaより)

Gracias,Pablo! サビオラもきっと同じ気持ちだったと思うよ。
そういえば、今回のW杯にパブロもアシスタントコーチとして同行する云々という話がありましたが、その話は流れたようです。残念!!

[PR]
by la_fraise7 | 2018-06-27 07:44 | Pablo Aimar | Trackback | Comments(0)

ワールドカップの奇跡!

って、Oleが認めちゃってるもん。
はああああああああ~~~、よかったー!!
もうほんっとに、あんたたちは世話をかけて…って、いや特に何もしてなかった(^^;)
サンパオリ監督がクロアチア戦で3-4-3にしたと聞いたときはもう驚きを通り越して笑っちゃった。
もちろんこの試合に勝てる保証なんてどこにもなかったのだけれど、それでも本来のアルヘンなら勝てるはず。

いや、何がなんでも勝て。

そのプレッシャーを一番感じていたのはピッチ、そしてベンチにいるアルビセレステのメンバーたちだろうけど。何しろあのユニを着て、グループリーグ突破できないなんて…(あぁ、日韓ワールドカップの悪夢が…)。スタンドにいた御大(マラドーナ)やOB(サビオラも解説者としていたと思うよ)たちの応援もあってか、ようやく、ようやくメッシにgolが生まれて、後半PK献上して同点の後、85分50秒にマルコス・ロホの逆転golが生まれましたね!!!!

とにかくほっとしました。
次はデシャン率いるフランスか……。うん!ダメもとで楽しもう!(コラ)アルヘンらしさを見せてくれたらいいな。(片鱗だけでも)近年のフットボール界を席巻する統率力、組織力、献身的な守備…これら全てを持っていない似合わないアルヘンが好きなんだから(笑)

* * *
サビオラはこちらのメディアで解説者としてロシア入りしているそうです。残念ながら日本ではまだ映像配信していなくてその解説者ぶりを見られないのですが、ハビのことだからぜったいに厳しいこと言わないでしょ(笑) 記事の下に英語でマッチリポート(時系列での試合経過)があります。
こちらはアルヘンティナのクラリン紙です。動画付き。




[PR]
by la_fraise7 | 2018-06-27 06:31 | Argentina代表 | Trackback | Comments(0)

対コロンビア戦

…えーとですね。
たぶんわたしほど複雑な心境で16日に行われた日本対コロンビアの試合を観ていた日本人はいないのではないでしょうか。

日本が勝ったのはもちろん良いことで、嬉しいんですよ!もう知ってる選手もほとんどいないだろうなぁと思ってたら結構いたし、「グッと!スポーツ」に出演していた長谷部選手や槙野選手の裏話も聞いていたので。スペインにいる乾選手なんかはやっぱり気になりますよね…(セビージャのライバル、ベティスだけど!)。そういえば、昨日は街中でそれぞれ別の場所で男の人と少年が8番の原口選手のユニを着ているのを見かけました。あ、でも公園でアルヘン代表ユニを着ていた男の子を見たときの方がテンション上がった!(苦笑)背番号は入れてなかったけれど、誰のファンかなーー。

あ、そうだ。話を元に戻すとですね、
たぶんサビオラのブログを書いている(いた)と言えばお分かりいただけると思いますが、サビオラの大恩師であるペッケルマン監督のチームに対して負けることを望むなんてできないっす!!(急に言葉が雑に…)
あーーー!サンチェス何やってるーーー!!!おー!香川決めたーー!!……キンテーローーー!(思わずガッツポーズをしてしまった)いやいや、違う違う。日本、日本。いいんだった。…おっ、大迫―――!!whiwlgiejgpe,gixhobeko!!!ってな感じで、もうどっちを応援してるんだかわからない状態のまま試合終了。ま、結果としてはこれでグループHが面白くなりましたね。

ちなみに直後にスマホでmarcaやasの記事を読んだのですが、みな一様にここぞとばかりに「腹切り」という単語を使っていて、「あー、覚えたての日本語を使いたかった子どもみたいだな」と微笑ましかったです(?)。でも、この「se hace」のseって何のseだろう?再帰動詞だとすると「コロンビア、日本戦で切腹をする」だから、ちょっと本来の使い方と意味合いが違うような…。きっとここでは「自滅する」という意味合いで使われているんでしょうね。


そうそう、サビオラのインタビューが日本語で出ていましたよ!
わざわざアンドラへ出向いたそうです。まさか日本のメディアが今サビオラのインタを取ってくるなんて、想像していませんでした。


あと、ちょこちょこといろんなところでもコメントしています。

もうフットボールなんて忘れた~と思っていたけれど、見ると思い出しますね、やっぱり(笑)
血が騒いじゃう。もう寝なくちゃ!

ではまた!buenas noches!


[PR]
by la_fraise7 | 2018-06-21 01:31 | Notas | Trackback | Comments(2)

Nadal, campeón de su undécimo Roland Garros




“Siempre hay que mejorar, yo creo que todo el mundo puede mejorar. El límite no se conoce nunca. No sabes dónde está el límite, no hay nada que te diga dónde está", dijo; “al final uno siempre puede hacer algo mejor; a lo mejor no lo mejora, pero si uno no tiene la idea de hacerlo pierde todo el sentido. El deporte en sí es simple: hay que ir a jugar o a entrenar con más ilusión de lo que lo hacías antes”.

いやあ、感動しましたね。いくつか書きたいポイントがあるので、後で書けたらと思います!
[PR]
by la_fraise7 | 2018-06-11 14:06 | Noticias | Trackback | Comments(0)

ハビエル・サビオラを追いかけてきたブログ*引退後も進行中(笑)


by nancy
画像一覧