タグ:アルヘン ( 18 ) タグの人気記事

迷走のすえに…

ワールドカップ終了後、アルヘン代表監督の件では迷走が続きました。いったんは続投が発表されましたが今月に入り解任されることが決まり、現在はSub20をアイマールと一緒に率いているスカローニがそのままA代表監督へと就任される見通しとなっています
ここで嬉しいお知らせが!!
そのスカローニとアイマールがコーチを務めたSub20のL'Alcudiaトーナメントが7月より行われ、8月9日の決勝戦でロシアを破りアルゼンチンが優勝しました!!上記の最初のリンク先は試合映像などの記事、上から2段目はアイマール助監督のコメント動画付き記事です♪
落ち着いた笑顔で「まず感じるのは、決して代表チームから離れたくないということ。このユニフォームを24回分割払いで買う家庭もあるんだ。それだけでコーチをする理由は十分だよ。(代表チームのコーチングは)またとない特権だからね。」と語っていました。
また、スカローニと一緒にアイマールもA代表コーチへ…という周囲からの期待もありましたが、それはパブロ自身が否定しています。

恐らくもっと経験を積んでからと本人は考えているのでしょうね。
最近のアルヘンのユース世代はアンダー17といい、だんだんと結果がついてきている気がします。かつてのようなユース王国へ、そしてその流れでA代表の層が厚くなることを夢見て…!

Hasta luego!



[PR]
by la_fraise7 | 2018-08-14 10:02 | Noticias | Trackback | Comments(0)

MUNDIAL 2018 / FRANCIA 4 - ARGENTINA 3

a0159012_01432509.png

Comparación de equipos

FranciaArgentina
Escudo de Francia4Partidos jugados4Escudo de Argentina
  • Defensa

    FranciaArgentina
    4Goles recibidos9
    2Partidos sin recibir goles0
    9Remates recibidos14
    43Quites con recuperación45
    23Quites fallados20
    65,2%% Quites con recuperación69,2%
    239Duelos ganados260
    211Duelos perdidos244
    53,1%Duelos ganados (%)
    51,6%
*上のスタッツはキャプチャー写真なので、守備面のみです。下記のLink先よりその他の数字も見られます。動画、写真、各記事などもこちらからどうぞ!↓

夢から悪夢へ


なんか…感情が後からあとから溢れてきて、書きたいことがたくさんあったのに。
いざとなると言葉が出てこないものですね。
すっごく久しぶりでした。この感じ。
ワクワクしたり、怒ったり、やけに冷静になったり。
序盤、先制はされたけれど今日のアルヘンだったら得点できるな、と思っていました。一人ひとりのコンディションは良さそうな気がして。ただし、アルヘンの守備だから何点取られるかわからなかったけれどーーー、いやあ、ホントに取られたなー( ;∀;)上のスタッツを見ると、数字ではフランスとそう変わらないんですけどね。選手交代が影響したのかな。

***
見ているうちにいろいろなことを思い出しちゃって。
もう何年もまともにフットボールの試合を観ていなかったので、すっかり忘れたと思っていたことを。

パブロのインタにもありましたが、わたしも、もうすっかり変わってしまったものだと誤解してました。みんな主力のほとんどはヨーロッパでプレーしているし、世界的なフットボールの流れも変化しているし…。

でも、アルヘンはアルヘンのままでした。

終盤に負けていてもロングボールを放り込まない、あくまでもボールは芝を転がす。
DFに寄せられても切り返し、まだまだボールキープ。あわよくばドリブルで行こうとする。えーー、そんなアルヘンっぽくていいのー?と思ったくらい。パスしないんかい!って。

相手のフランスの選手、若くて誰も知らなかったけれど(唯一馴染みは監督のデシャンだけという💦)、7番がオランダのスナイデル(まだ選手でいるかなぁ)に見えたり、さすがにあの10番はいい選手だなぁと思ったり。(ホントに何も知らなくてごめんなさい!)

ディ・マリアはベンフィカ以来それこそ7年ぶりくらいに見たけれど、彼のポテンシャルをこのW杯で世界中に見せられて良かったなと。マスチェやバネガも何年振りぞや?マスチェラーノは泣きはらした目でインタビューに答えていましたね。「この物語(W杯)は終わった。僕たちは全てを出し尽くした。とんでもない試合だったね。(自分たちの)入り方が良くなくて、そのあと追いついて、ひっくり返して。だけど相手の同点ゴールがものすごく痛手だった。そこから立て直すのに苦労した。これからは、アルゼンチン代表の一ファンになるよ。これで終わったんだ。夢は破れた」
「若い選手たちにはこれからも夢を追い続けていって、何かを手中に収めてもらいたい。追い求めていけば、きっと手に入るはず」とも。うん、4回のW杯に出場した彼の言葉には重みがあります。



More
[PR]
by la_fraise7 | 2018-07-01 02:30 | Partido | Trackback | Comments(2)

15 años después…

Fuente:Que se vuelvan a juntar

a0159012_0491462.jpg


今から15年前、2001年にFIFAにU-20ワールドカップ(1995年まではFIFAワールドユース選手権という呼称)で優勝したメンバーが集まって、食事会を開いたそうです。参加メンバーは以下の通り。

Wilfredo Caballero, Diego Colotto, Nicolás Burdisso, Maxi Rodríguez, Esteban Herrera, Fabricio Coloccini, Mauro Cetto (arriba), Gerardo Seltzer, Javier Saviola, Andrés D'Alessandro, Leandro Romagnoli y Julio Arca
カバジェロ、ディエゴ・コロット、ブルディッソ、マクシ・ロドリゲス、エステバン・エレイラ、コロッチーニ、マウロ・セット(以上、後ろ側)、ヘラルド・セルツェル、サビオラ、ダレッサンドロ、レアンドロ・ロマグノリ、フリオ・アルカ

あとここに、Germán Lux, Nicolás Medina, Oscar Ahumada, Leonardo Ponzio, Mauro Rosales, Alejandro Domínguez y Sebastián Buenoが揃えば当時のメンバーです。

アルヘンティナは1977年にこの大会が開催されて以降(2年に一度)、全部で14度の出場で出場国中最多の6度の優勝を数えています。2位が18回出場のブラジルの5度の優勝。1997年にはマレーシア大会で2001年と同じくペッケルマン監督が率いるメンバーが優勝、そしてこの2大会ではアルヘンがフェアプレー賞を受賞しているんですよね。南米のサッカーは汚い、と思っている諸君、よく覚えておくように!!!

a0159012_049124.jpg

ちなみに、こちらは1986年W杯優勝メンバーの集い。マラドーナは欠席だったものの、盛り上がっていますね〜。もうすでに誰が誰だか…(汗)優勝から30年ということで、火曜にアサードを食べる会(?)を行ったようです。詳しくはコチラで:http://www.ole.com.ar/seleccion/Heroes-parrilla_0_1595240678.html

あと15年したら、2001年U-20メンバーの会もこうなるのかしら…(^^;)
いや、考えずにおこう。

Hasta luego!
[PR]
by la_fraise7 | 2016-06-19 01:11 | Noticias | Trackback | Comments(0)

20年

覚え書き。この20年のアルヘン代表の歩みをナシオン紙が書いています。1993年の出来事がたくさん書かれていて、そこにも興味深いです。

*http://www.lanacion.com.ar/1598082-20-anos-una-eternidad
a0159012_961172.jpg

[PR]
by la_fraise7 | 2013-07-08 09:08 | Argentina代表 | Trackback | Comments(0)

2011.6.パルケ・チャスにて

*Parque Chas - Reinauguración Asociación de Fomento 23-06-11


* * *
*当ブログJavier P Saviola Estadio 《VTR追記》でもご紹介した、昨年サビオラが幼年時代過ごしたフットサル体育館を改築して、オープニングセレモニーをした時の映像です。この昨年の記事にある、エレガンテ・スポル(elegante sport)の映像の中でのやり取りが好きで。

司会者はサビオラと旧知の仲のようで、サビオラが「今日セレモニーに招待しましたよね!」と言ったら、司会者:「この番組があるから行けなかったんだよ」(サビオラは番組に生中継出演)

a0159012_845502.jpg

a0159012_8454735.jpg


司会者:「いつポルトガルに帰るの?」サビオラ:「明日の昼の便でもう帰ります」司:「えー、番組に来てもらおうと思ったのに」、サ:「じゃあ、お互い様ですね」司:「本当かどうか、明日の朝から昼までのポルトガル行きの搭乗便の乗客リストをチェックするぞ!(笑)」、サ「アハハ(笑)」……というようなやりとりでした。

a0159012_8454318.jpg

a0159012_8454185.jpg



あー、1年半ぶりにようやく続きを書けてすっきりした!
[PR]
by la_fraise7 | 2012-12-05 08:42 | Recorte del Conejo | Trackback | Comments(0)

2001ワールドユース動画

日本で実況された2001年ワールドユース決勝戦のダイジェスト。
うわあ、アップして下さって感謝、感謝。Mil gracias!!!!!


*アルゼンチンvsガーナ 2001ワールドユース決勝



ついでに11golos全部観ちゃう?
*Argentina Campeon Sub 20 2001 Goles de Javier Saviola FUTBOL RETRO TV

[PR]
by la_fraise7 | 2012-03-30 21:42 | Mundial Sub-20 | Trackback | Comments(0)

Club Parque, de Maradona a... Aimar e Saviola

ガイタンとインスーアもクラブ・ソシアル・パルケ出身だったんですねー。知らなかった。


* * *
Fonte:maisfutevol

a0159012_1322750.jpg

Redondo, Riquelme, Cambiasso, Carlos Tevez, Sorín, Placente, Coloccini, Nicolas Pareja, Jonas Gutierrez, Gago, Lucas Viatri, Ricky Alvarez, Nico Gaitán, Emiliano Insúa, Sérgio Araújo, enfim. A lista parece interminável e Ramón Maddoni di-la de enfiada, como quem está a relatar um jogo.

レドンド、リケルメ、カンビアッソ、カルロス・テベス、ソリン、プラセンテ、コロッチーニ、ニコラス・パレハ、ホナス・グティエレス、ガゴ、ルーカス・ビアトリ、リッキー・アルバレス、ニコ・ガイタン、エミリアーノ・インスーア、セルヒオ・アラウホ。ラモン・マディーニ氏が関わった選手のリストを挙げていけばキリがない。

Para ele são mais do que nomes, são medalhas: foi ele que os descobriu e que os levou para o pequeno Club Social Parque. Cresceram no futebol de bairro, saltaram para o Boca Juniors e a partir daí para o mundo. «No Mundial 2006 tinha sete jogadores na selecção formados por mim», diz orgulhoso.

「2006年のドイツワールドカップでは、私の教え子から7人が入っていたんだよ」ラモン・マドーニ氏は誇らしげに言う。

A pergunta surge óbvia, a resposta vem surpreendente: que craque não formou mas gostaria de ter formado? «Dois», atira. «Pablito Aimar e Saviola.» A explicação vem logo a seguir. «Conheci-os no Mundial 2006, fiquei muito amigo deles. São enormes, como pessoas e como jogadores. Foi um prazer.»

ごく当たり前の質問だが、返って来た答えは驚くものだった。あなたが一緒にやってみたかったクラック選手は?「2人いる」そう言い切った。「パブリート・アイマールとサビオラだね」そう言って説明してくれた。「2006年のワールドカップで2人とは知り合い、とても仲良くなった。彼らは選手として、また人間としても、とても素晴らしい。嬉しかったよ」

Nesta conversa com o Maisfutebol, Ramón Maddoni conta que a amizade ficou até hoje. «Ainda me telefonam às vezes. Falámos de futebol e recordámos os tempos em que eram crianças, quando nos defrontávamos no futebol juvenil. O Saviola gosta de brincar e recordar os jogos que me ganhou.»

Maisfutebolとの会話の中で、ラモン・マディーニ氏は2人との友情は今日まで続いていると話してくれた。「今も時々電話がかかってくるよ。フットボールの話、それから子供の頃の話でフベニールフットボール時代に対戦した時のことなんかを話すんだ。サビオラは冗談好きでね、私のチームに勝った試合のことを想い出させるんだよ」

Todas as notícias de Benfica

Apesar de tudo, há duas coisas que o sexagenário com uma vida dedicada ao futebol juvenil não tem: as camisolas de Aimar e Saviola. Não fazem parte da tradição. Essa está reservada aos craques que lhe passaram pelas mãos. «Tenho mais de 300 camisolas», atira. «É uma espécie de tradição.»
[PR]
by la_fraise7 | 2011-11-27 01:18 | Recorte del Conejo | Trackback | Comments(0)

ジュネーヴへ

Lista completa de convocados:

Guarda-redes: Artur Moraes e Bruno Varela;

Defesas: Capdevila, Jardel, Miguel Vítor, Garay, Luís Martins e Emerson;

Médios: Paulo Teles, Javi García, Ruben Pinto, David Simão, Eliseu, Cafú e Nolito;

Avançados: Ivan Cavaleiro, Rodrigo Mora, Miguel Herlein e Saviola.

* * *
2011年11月11日11時11分、皆さんは何かされました?何かしようかと昨日考えていて、今日になったら忘れていたわたしです(笑)。

ベンフィカ御一行様は金曜日の夜にジュネーヴへと飛び立って、土曜日のポルトガル時間19時30分からガラタサライと試合を行います。(de Eduardo e Mika a Cardozo e Nélson Oliveira, passando por Ruben Amorim, Maxi Pereira, Luisão, Bruno César, Witsel, Gaitán e Rodrigo)というメンバーが代表組で不在です。ブルーノとルイザォンは先発したみたいですね。ロドリーゴはまたハットトリック!ネルソン・オリヴェイラはアンダ−21の大会で2得点と活躍しています!ブエノスアイレスでのアルゼンチン-ボリビア戦はこれから(5時)です。どんなメンバーが招集されているかはコチラから。

また、アイマールは温存、マティッチは2日間の休み明け早々ハムストリングスの怪我をしてお休み、エンソもリハビリ中です。パブロは最近ハムストリングスや膝など、テーピングをあちこちに貼ってあったので疲労がたまっているんでしょう。ここで無理することはないですね。(*パブロは昨日の練習後、右膝の負傷で故障者リスト入りしました)他に6人の若手選手が招集メンバーに入っています。というわけで、試合勘を取り戻すべくサビオラの活躍を期待しましょう!きっとスイス帰りにチョコレート買ってくると思う(笑)。

ガラタサライ戦にも思い出があるんですが、また書けたら。
ヒトコト言わせてもらうと、グティ、twitterの更新マメすぎ。
[PR]
by la_fraise7 | 2011-11-12 01:33 | Noticias | Trackback | Comments(0)

Otro pibito precoz

precozという単語を今初めて知りました。《早熟な》という意味ですって。タイトルは“また早熟な若者が出現”という感じ。

先日、時間的にはベンフィカがフェレイラ戦を戦ったすぐ後に、リーベルが2部での初めての試合を行い、INDEPENDIENTE RIV.と対戦し3-1で勝利を収めました。その試合でルーカス・オカンポス選手が、17歳と1ヶ月9日とクラブ史上2番目に若い年齢でゴールを決めています。エ、1番は誰かって?そりゃあ野暮な質問でしょう!

Otro pibito precoz
こちらにそのオカンポスのゴールVTRがあって、その横にサビオラのデビュー&ゴールのVTRも。

“Cuando la vi entrar no entendía nada”
こちらがOlé紙のインタビューです。

Fonte:Olé

a0159012_145428.jpg


More
[PR]
by la_fraise7 | 2011-08-23 01:49 | Noticias | Trackback | Comments(0)

Todo sigue igual…

今日は一日家にいるので、ここ数日分のニュースをキャッチアップして行きたいと思います。まずはアルヘンの状況から。結局、リーグ38チーム構想はグロンドーナ会長の辞任を求めるデモにまで発展し、国民の圧倒的不支持を経て、凍結となりました。“El campeonato queda igual, y a otra cosa”Fonte:Olé

More
[PR]
by la_fraise7 | 2011-08-03 14:09 | Noticias | Trackback | Comments(0)

ハビエル・サビオラを追いかけてきたブログ*引退後も進行中(笑)


by nancy
画像一覧